Introduction社員紹介

村上 一馬村上 一馬

Kazuma Murakami村上 一馬2018年中途入社
株式会社アルゴナビス 代表取締役社長

過去の経験の仕事に、
今の経験未来の仕事に繋がる

現在のお仕事について、どのようなことをされているか教えてください。

2022年2月に株式会社アルゴナビスを設立いたしまして、そのタイミングで同社の代表取締役に就任いたしました。具体的な業務としては、アルゴナビスプロジェクト全体のプロデューサーを務め、進行管理、収支の管理などプロジェクトの動きを取りまとめています。

アルゴナビスは自社IPの一つで、アニメ・音楽・舞台など多方面のメディアミックス展開をしているボーイズバンドプロジェクトです。今後アルゴナビスプロジェクトのメンバーが一丸となり更なる発展を目指すため、会社設立に至りました。

入社してからこれまで、どんなお仕事をされてきたか教えてください。

入社直後はアプリゲームのプロモーションを担当しておりました。Web広告、交通広告、配信番組といったプロモーションに携わるものを一通り経験できて、プロモーションにおける手法、数値面の見方・考え方などが学べた期間だったと思います。その後は他社様IPをお借りしたアプリゲーム立ち上げのプロデューサーを担当しました。そこでは、そもそもゲームとして面白いのかという観点と、その作品の世界観をしっかり表現できているかという点を特に重点的に考え、ゲーム制作を進めていきました。

プロモーション担当時代の経験がアプリゲーム立ち上げに活きることもありましたし、アプリゲーム立ち上げの経験が現在のアルゴナビスプロジェクトを作っていくうえで活きていることも多々あります。そういった経験を重ねて仕事の幅を広げていけるのは、ブシロードならではの仕事の面白さだと思います。

インタビュー写真1インタビュー写真1

エンタメを届ける側
なれた喜び

印象深いエピソードを教えてください。

企画から制作、プロモーションなど1年以上の準備期間を掛けて、無事アプリゲームをリリースすることができた経験が印象深く残っています。私自身もゲームユーザーでこれまでは受け取る側だったところ、逆に届ける側になれたことが感慨深かったです。

ブシロードはどのような会社だと思いますか?

個々の裁量が広く、年齢や在籍年数に関係無くチャンスがもらえる会社だと思います。これまでブシロードでは、若手メンバーがチームリーダーとして抜擢されてきたことが多々ありますので、自分がしてもらってきたことを今度は若手に返していこうという流れがあり、若手メンバーの意見もしっかり受け止めてくれます。

仮に上手くいかなかったことがあっても、その経験を学びと捉えて次に活かすようにと後押しをしてくれる会社なので、新たな挑戦がしやすい環境だと思っています。

心を熱くする感動体験
世に送り続けたい

これからの目標を教えてください

今はやはり、アルゴナビスプロジェクトの大成が一番の目標です。これから飛躍していくために日々邁進していきます。長期的な目標としては、私はこの業界・ブシロードにはものづくりが好きで入ってきているので、受け取ったお客様が前向きな気持ちになれるようなものや、心を熱くする感動体験を世に送り続けていきたいと思っています。

ブシロードに新卒入社を考えている方にメッセージをお願いします

自ら成し遂げたいことがある方にとっては、企画・提案して実現するチャンスが大いにある会社だと思います。私自身もこれまでそういった経験をさせてもらいましたし、ブシロードに入社して人生においてプラスになったことが多かったと感じています。

皆さんが熱い想いを持ってきてくだされば応えてくれる会社ですので、その想いや夢をブシロードで一緒に実現させていきましょう!

インタビュー写真3インタビュー写真3
Entry