Workstyle時代への取り組み

イメージ1

コロナ禍に負けない、
工夫を凝らして一人でもみんなでも
楽しめる
エンタメを届け続ける

コロナ禍でライブや演劇などが延期、中止になり、今まで通りのエンタメを届けることが難しい時期がありました。しかし情勢を見つつコロナ対策を講じて新しい形でエンタメを届けています。

プロレスやライブなどの密になりやすいイベントでは入場制限、分散入場、非接触タイプの検温、係員による消毒やマスク着用の励行、椅子を置いて一席ずつ間隔を空けるなど徹底した感染症対策を行った結果、2020年8月~10月に開催した各公演から2週間の間に、新型コロナウイルスによるクラスターの発生及び感染は確認されませんでした。また状況によっては無観客ライブを実施し、一人でも楽しめるようライブ配信に力を入れ、どんな人にも楽しんでいただけるような環境を整えています。

イメージ2

時代に合わせて柔軟な取り組みを
リモートワーク環境を整備し、
安心して働く

新型コロナウイルスの災禍により働き方が問われている状況にあって、当社は業界に先駆け、2020年2月より具体的な対策を実施しています。毎週行われる全社朝礼のWebへの切り替え、状況に応じて社員の5~9割を在宅勤務にシフト、時差出勤対応、さらには休業人数の目標数を定め、全社員の雇用を維持しながら一定数の社員を持ち回りで休みにするなど、迅速な判断で不測の事態に対応してきました。

3月には約80億円の資金調達を完了させ、新しい形でのエンタメを届けるため様々な対策を講じました。現在でもリモートワーク環境を整えており、テレワーク率は50%程度を推移しています。

イメージ3

社員の健康を第一に考え
近楽手当など、充実の福利厚生

当社オリジナル手当【近楽手当】や【オフィスマッサージ】などがあります。

近楽手当は、当社規定金額より通勤定期代を引いた残額が支給手当金額となる手当で、当社近くに住んでもらい、今まで通勤に使っていた時間を自己研鑽やエンタメに触れる時間に充ててほしい思いからできました。

またオフィスマッサージは、当社にマッサージ師が勤務しており、当社従業員においては無料でマッサージの施術を受けることができる、社内でも大変人気な制度となっています。また育休、産休を取得しやすく、職場復帰も容易な環境を整えています。

Entry